水商売でも消費者金融からお金を借りる事可能でしょうか

水商売してるんです。水商売って凄いお金かかるんですよね。経費って言うのかな。ネイルに行ったり毎日美容室行ったりエステ行ったり。お金ある系に見られるみたいだけど、出てく出費も半端ないんです。今回衣装を購入したいんだけど、衣装買うお金とか無くて。消費者金融でお金借りたいなって思ってます。水商売でもお金借りられますか?

水商売をされてても消費者金融からお金借りられますよ

水商売をされてるんですね。色々心配になっちゃう事もあるでしょう。でも大丈夫です。消費者金融からお金を借入する事が出来ます。100パーセントどこでも借りられるって言う訳ではありませんが、審査に受かる会社もあるので、審査の甘い会社の審査を受けると良いでしょう。

消費者金融の借入の条件として言われてるのが、返済能力がある人だって言う事なんです。返済能力がある人であれば、借りられる可能性が非常に高いと言えます。どういう人が返済能力がある人かと言うと、毎月のきちんとしたお給料を貰える人と言う事になります。社員の方じゃなくても、働いてる方であれば、お給料を貰えてると言う事になる為、諸費者金融から借りられる可能性が高いと言えるでしょう。水商売の方であっても同様でしょう。

どうしても借りたいと言う場合で、少しでも借りられれば良いと言う場合には、借入希望額を少なめに設定すると良いかもしれません。いきなり多くの借入を望んでる人よりも、少なめの金額の借入を望んでる人であれば、貸す側としても安心して貸す事が出来るからです。まずは審査からでも受けてみてはいかがでしょうか。

水商売の人が消費者金融を利用する方法について

一般的に、水商売をしていると消費者金融などにキャッシングの利用申し込みをしても審査に通りにくいと言われています。なぜ審査に通りにくくなっているのかと言うと、収入に波があるので安定的な収入を得ているとはみなされにくいからだという説明がなされるケースが多いです。また、大手消費者金融には水商売に対する偏見を持っているところが多いからだというような説明がなされる場合もあります。しかし、現実的に考えると、審査に通りにくい原因は大きく2つあると考えられます。

まず、1つは収入証明書を用意することが難しい点であり、もう1つは在籍確認が困難な場合が多いという点です。1つめの収入証明の点ですが、勤めているお店が会社組織になっていて、普通のサラリーマンのように健康保険や厚生年金などにも加入して月給制で働いているという水商売の人はほとんどいません。大半の人が個人事業主の形態で働いているわけですが、収入を正しく確定申告しているような人はまずいません。そのために収入証明書を用意することができなくなっているわけです。

また、審査の際に必ず行われる在籍確認に関しても、お店の協力を得られない場合が多いので、本当は在籍していたとしても、それを確認してもらえないケースが多いのです。そのために、どうしても審査に落ちやすくなってしまっています。ただし、全く方法がないわけではありません。たとえば、一般的な消費者金融の場合ですと、借り入れ希望額が50万円以下であれば収入証明書不要となっていますので、少額の借り入れであれば収入証明書を用意する必要がありません。

また、大手消費者金融の中には借り入れ希望額が100万円を超えない限り収入証明書の提出は不要としているところもありますので、そのような業者を選んで利用するようにするとよいでしょう。また、在籍確認の方についても、消費者金融の中にはお店で使っている源氏名で在籍確認を行ってくれるようになっているところもありますので、審査に通る可能性は残されています。