キャッシングの審査ってずばり何を聞かれたりするんですか?

生まれて初めてキャッシングの審査を受けようと思ってます。もう最近給料が減っちゃって、毎月お金がピンチ状態なんですよね。今年は色々支払いがあったから、もうどうしたもこうしたも無い状況なんです。で、キャッシングする事に決めたんですけど、審査が不安なんです。キャッシングの審査ってずばり何を聞かれるんでしょうか?

キャッシングの審査で聞かれるのは返済能力があるかどうかです

キャッシングと言うのは、基本的に返済能力がある人にしか行われません。毎月きちんと働いててお給料を貰えてる人と言うのが対象になってると言う事です。社員じゃなくても、派遣の方でもアルバイト、パートの方であっても、毎月ちゃんとお給料を貰えてる人であれば、利用する事が可能だと言う事です。

勿論、誰であっても働いてれば必ず審査に受かると言う訳ではありません。その会社その会社独自の審査基準があり、それに合格しなければお金を借りる事は出来ません。まずは、仕事関係のこと、そして他社から借金をどれくらいしてるのか、もしくはキャッシングは初めてかどうかと言うこと、いくら借りたいかなどそのようなことが聞かれるはずです。審査なしでお金を貸してくれるところもたまにありますが、そういう所は闇金である可能性もあるので、あまり利用しない方が賢明でしょう。

審査自体はそんなに大変なものではありませんので、まずそんなに緊張せずに気軽な気持ちで受けてみると良いでしょう。初めての利用と言う場合は、審査に受かる確率が高いと言えるでしょう。

審通りやすいキャッシングの審査基準ポイント

どうしても困っている時に利用したいのがキャッシングです。キャッシングを行う際には審査に通ることが条件となります。その審査とは一体何をするのかをしっかりポイントを押さえることで通りやすくなります。審査では支払い能力があるかどうか、安定した収入があるかどうかが問われてきます。

その為、年収と勤続年数の確認が必須となります。この確認時に嘘をつくことなく正確に報告しましょう。もし虚偽の内容を報告してもローン会社で調べられるため、その為信用を失うだけでなく今後の審査に影響してきますので気をつけましょう。年収と勤続年数を報告する義務は支払い能力の確認以外にも、貸金業法により年収の3分の1を超える借り入れがある場合、新たな借り入れができなくなるからです。それを防ぐためにも会社側で確認する義務があります。その為、年収3分の1以上の借り入れがある方は、通りにくいということになります。

そして勤続年数が6か月未満の方も返済能力が低いとみなされ、通ることは通るが希望額より減額される可能性があります。その為、希望額が通るためには勤続年数が長いと確率が高くなるのです。これはアルバイトやパートで安定した収入がある人も対象になるため、勤続年数が長い、返済できる収入がある場合は有利となります。また同時に複数社に申し込みをしないこともポイントです。ローン会社では他社で落ちた、借り入れがある、支払いに遅れがあるなどの情報を共有しています。その為、複数社から借りている、申し込みをしている場合は不利に働く可能性があるからです。

しかし車や住宅等のローンは含まれません。あくまでキャッシングのローンを対象として情報共有されています。以上のことからキャッシングの審査基準のポイントとして年収や勤続年数を虚偽しない、返済能力がある年収を得ている、長い勤続年数、他社から借り入れや支払いの遅延が無いこと、同時申し込みをしていない事などこれらのポイントを押さえてから申し込みをすることで、少しでも審査が通りやすくなります。