カードローンの過払い金って言うのはどうしたら解るんですか?

ずっとカードローンを利用してるんです。カードローンの過払い金がどうのこうのって最近言われてるじゃないですか。これってどうしたらわかるんですか?私も、ずっとカードローンを借りてるから、過払い金があるかもしれません。もし過払い金があった場合には、どうしたらいいんでしょうか?

カードローンの過払い金は返還請求出来ます

ずっと何年にも渡ってカードローンを利用してるという方の場合、過払い金が発生してる恐れがあります。利息制限法が制定される以前から借入してる方は特に、利息を支払いすぎてる確率が高いので、返還請求をすることによって、かなりの金額が返ってくる場合もあります。

支払過ぎたものは返して貰うに限りますよね。ただし、これをやってしまうと、その後しばらくはお金を借りられなくなってしまう場合もあるようです。払いすぎたものを返還して貰ってるのに、そういう事もあり得るので注意が必要です。

長い年月支払続けた方と言うのは、相当な金額が返ってくる場合もありますので、どれ位の金額が返ってくるかによっても、過払い金の返還請求をするかどうかを決めても良いでしょう。自分でやるとなかなかうまくいかない事が多いので、プロにお願いするというのも変換して貰える最大限の良い方法でしょう。プロに頼んだ時に支払う利用代金を支払ったとしても、返還して貰う金額の方が大きい事の方が多いので、なるべくならプロに頼んでお願いするべきでしょう。信用情報機関に情報が登録されてしまう場合もあるので、それだけは覚えておくと良いですね。

お金を取り戻すカードローンの過払い金問題とは一体何なのか

お金を借りる際には、法によって定められる利息に上限があります。利息制限法と出資法という二つの法律です。利息制限法では融資額によって上限が定められますが、15%から20%の間が利息の上限として定められております。もう一つ、出資法では利息の上限が29.2%となっておりました。

出資法が適用される条件は非常に厳しいものであり、消費者金融からお金を借りる場合に出資法が適用されることはほとんどありません。そして、利息制限法と出資法の二つの間の金利の事をグレーゾーン金利と呼んでおります。過去の消費者金融の多くは、このグレーゾーン金利で利息が設定されていることが多かったのです。消費者金融はそうした法があるのを知っておりましたが、出資法は罰則があるのに対して利息制限法は罰則がありませんでした。

そのため、グレーゾーン金利に設定して少しでも金利を高く設定しておりました。それが一時問題となり、その後、出資法を改正して上限を20%にすることによってグレーゾーン金利は違法となりました。そして、このグレーゾーン金利で支払った分は、時効さえすぎていなければ取り戻すことが出来ます。それが過払い金問題なのです。この過払い金問題は非常に多くの金融業者や利用者に大きな影響を与えました。現在でも完全に解決しているとは言えません。

もし、心当たりがあるのであれば、過払い金請求は早めに行った方が良いです。過払い金請求問題で潰れた会社もあり、そうなってしまうとお金を取り戻す事が出来ません。また、時効は10年となっており、それを過ぎてしまってもお金を取り戻す事が出来ません。請求する場合は法律の専門家に相談することになりますが、お金が無いという場合でも成功した過払い分の一部から報酬を得るところもありますので心配する必要はありません。なお、これからカードローンを利用しようとする人は過払い金を心配する必要はありません。説明したように既に法が改正されて解決しておりますので安心して利用できます。